禁断の果実は甘かった

 

 

 

フォロワーが冬コミだか夏コミだかに参加するって聞いて私も小説書こうかな、書きたいなって思ったけどパソコン面倒だし、期間内に書ききれなかったらどうしようっていうプレッシャーに殺されそうになったから辞めた。ド底辺メンヘラなのでやる気を継続出来ないとかで、そこは本当に情けない。何かしら文章が書きたくなったのでとりあえずブログ開設することにした。はてなブログは何年か前に少しやってたけど、承認欲求得る為に利用する形になってたので、このブログはただただ自分の脳内を自由にぶち撒けるだけの掃き溜めにしようと思う。拙い文章で申し訳無いけど読んでくれてる人ありがとう。

 

禁断の果実ってのは、「手にすべきではないもの。あるいは欲しいと思っても手にすることは禁じられていることを知ることにより、かえって魅力が増し欲望の対象になるもののこと。」らしい。タイトルの元ネタは、神様が自分に似た姿のアダムを作ってエデンの園に住まわせたけどアダムが寂しい〜つって神様にイブを作って貰って二人で暮らしてた。エデンには二本の目立つ樹があって一本は生命の樹、もう一本は知識の樹、神様に知識の樹になる果実(禁断の果実)は食べたらいけないと言われてた。二人は禁断の果実を食べるなと言われてたにも関わらず蛇に乗り移ったサタンに唆されて禁断の果実を食べてしまい楽園から追放されてしまう、という話。短くまとめたつもりがえらい長えな。(あと詳しいことは創世記(旧約聖書)でエデンの園と人間の創造の章から読めば書いてるんで気になる方はどうぞ。うる覚えでわざわざ調べることもしてないので上の内容で違う箇所があっても大目に見てくれ。)

 

禁断の果実を食べた二人は、楽園から追放されてしまったわけなんだけど、勝手にこの話を自分とその周辺の人間を当て嵌めて考えてみた。私にとっての禁断の果実は、適切でない量の処方箋・市販薬、違法薬物だとすると、唆してきたサタンは違法薬物を勧めてきた人間か、処方箋・市販薬ODの存在を教えてくれた元彼か。まあそこはどうでもいいし、誰でもいい。神様はまあ置いといて、楽園は周囲のまともな人間、現実世界か。で、考えたときに私は何故禁断の果実に手を出したんや、と思ったんだけど、まあ単純に、誘惑に弱い人間だったからだろうなと思う。初めての彼氏はたぶんメンヘラだったので向精神薬なんかに詳しかった気がするけど、その彼氏とは何やかんやあって別れた。まあその別れを最後にその彼氏とは永遠のお別れになっちゃったわけなんだけど(笑)その後また何やかんやあって知人の家にお世話になることになって、その時期一回目の自殺未遂をした後、ようやく精神科のお世話になる事に。それからは元彼の見様見真似で処方箋ODしたりスニッフしたりしながら援交したりたまにテキ屋の仕事に行ってみたりしてた。暫くしてテキ屋の仕事仲間の家で、無事違法薬物デビュー。また入院したり自殺未遂したり飲食やったり飲み屋やったり何やかんやあって今こうして結婚するにまで至った旦那と知り合い、今は健全に(笑)処方箋・市販薬ODでやり過ごしてる。でも去年の入院で遂に、薬物依存だか中毒だかの診断がついたお陰で減薬が辛くて辛くて死にそう、本当に。離脱症状を緩和する為また違法に手を出したり逆効果なのに医者は何も知らずに糞みてえな処方を続ける。少しは何か勘付いてるのかもしれないけど何も言ってこないから良しとする。

 

こう見てて、しっちゃめっちゃかな生き方してるなーと思う。禁断の果実に手を出した二人は楽園から追い出されたけど、薬に手を出した私は現実世界のまともな人間の輪から外された。いや、自ら外れることを選んだんだと思う。何か辛いことがあったから、誰かに唆されてしょうがなかった、なんてのは欺瞞だ。どんなに辛い思いをしていても前を向いて誘惑に負けず正しい道を歩んでいってる人間はちゃんと居る。それが出来ずに唆されて楽な方へ逃げ込んだのは私だ。だからと言って今更前向きに正しく生きようなんて事にはならないし、そんな都合良くはいかないので、私はこのまま誰にも言い訳せずに自分は加害者だと開き直りながら薬中人生を謳歌していこうと思う。なるべく優しくて正しい他人様には迷惑を掛けないように。追い出されたアダムとイブがどうなったのかは置いといて、まともな人間の輪から外れた私はたとえ行く先が地獄であろうと死ぬまで薬の奴隷を続けることになると思う。離脱症状やバットドリップでしんどくて仕方ない時もあるけど基本的に楽しい薬中ライフは、謂わば緩かな監獄だ。監獄と呼ぶには優しすぎる、けど決して抜け出せない。狭い檻の中で少しの快楽に溺れながら甘い禁断の果実に殺されていくのも悪くないなと思う。

 

ここまで書いたけど勿論薬物乱用も違法薬物も、本当に、精神だけじゃなく人生諸共ぶっ壊れて良い人にしかオススメしない。つーか誰にもオススメはしない。非推奨。ここまで書いても、薬物乱用や違法薬物を誘発してなんちゃらかんちゃら〜とか抜かす脳みそすっからかんの糞アスペが居ると思うけど、たぶんこんな読めたもんじゃない恥ずかしい文章最後まで読む人は大抵私の愛する頭おかしいフォロワーの誰かだろうから必要な情報の取捨選択くらい出来ると思ってる。オチも何も無い終わり方になるけどとりあえず、禁断の果実は甘くて辛かった。